2014年11月28日(金)

14年11月25日(火) ソロライヴ@下北沢 mona records [ソロ活動]

なんと4年ぶりのソロ名義ライヴとなりました。深夜イベントの余興としてはたまにやってたけど、ちゃんとブッキング枠での出演は本当に久しぶりで、右も左もわからない状態でしたね。

ライヴ前日まで出演時間などの詳細が知らされなかったものでろくに宣伝もできず、集客的には惨憺たるものでしたが、それに負けず劣らず演奏も惨憺たるものでした。それでも「新曲よかったよ」とか言ってもらえたのはせめてもの救いというか。

あとなぜか出演者に「行達也」の名が。。。なんかゆる〜く弾き語りやってたけど、よっぽど他に出演者がいなかったんだろうな。。。客は全然いなかったけど面白かったですよ。みんな来ればよかったのに。行さん今月でやめちゃうんだし。。。

これを機にまたソロ活動を再開しようかとちょっと思っています。弾き語りはあんまやらないと思うけどバンド形式でまたやっていけたらなと。

セットリスト
  1. ひとりでできるもん
  2. sleepers
  3. 恋しくて
  4. フレッシュレモン (新曲)
  5. ポニーテールとシュシュ (AKB48)
  6. お世話になりました (井上順)
  7. マイルドでいこう
  8. 燃える赤ヘル僕らのカープ (事崎正司)

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年12月17日(金)

10年10月17日(日) ナカニシキュウ@阿佐ヶ谷 Next Sunday [ソロ活動]

セットリスト
  1. ひとりでできるもん
  2. sleepers
  3. Who Cares?
  4. LOVE 涙色 (松浦亜弥)
  5. マイルドでいこう
  6. ギター

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月11日(土)

10年08月28日(土) ナカニシキュウ@下北沢 Artist [ソロ活動]

セットリスト
  1. ひとりでできるもん (新曲)
  2. サイダー
  3. 恋しくて
  4. Lucky Chance をもう一度 (C-C-B)
  5. 夜がくる
  6. マイルドでいこう

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年08月19日(木)

10年08月15日(日) ソロライヴ@下北沢 mona records [ソロ活動]

終戦記念日にブッキングが決まった時点で、「そうだ、おとーさんの曲やろう」と京都旅行を決意するときみたいな勢いで思いついたわけですよ。なので今回は、テーマ的に「"ドン・ドン" を唄う日」という感じでした。

僕の父は3年前に白血病で他界したのですが、そのそもそもの根本的な原因は、かの1945年8月6日に広島に落とされた原子爆弾なわけです。幼児期に被爆した父は、その人生のほぼすべてを被爆者としてずっと生きてきたわけです(とは言え幸いなことに亡くなる直前までほとんど大きな病気もせず健康に暮らしていましたが)。

ただそんな父なので、子供を作るかどうかはずいぶん悩んだそうです。が、悩み抜いた末に一大決心をして僕の兄が中西家の第一子として誕生。そのとき、「被爆二世」である兄が五体満足で元気に生まれてきたことにいたく感動した父が、泣きながら一気に作った子守歌が "ドン・ドン" という楽曲でした。や、泣きながら作ったかどうかは知らんけど、何度も何度も手足の指の本数を数えては「ちゃんと5本ずつある!」と号泣した的な話をよく聞かされたものですよ。

そんな曲を(兄でなく)僕が唄うというのもまあ変な話ではあるんだけど、僕なりの終戦記念的な思いを込めたつもりです。戦争反対! 平和最高! 核兵器滅びろ!

……というような、わりと僕にしては珍しく胸に期するものの大きなライヴだったんですけど、動員は過去最低レヴェルにひどいわ、観客の皆さんの反応はゼロに等しいわでけっこう本気で凹んでいたりする僕ですよ。なんか闇雲にいろんな人に謝って回りたい気持ちでいっぱいです。

まあでも、こんなふうな思想的な気持ちでやるライヴなんて金輪際もうないと思うんで、次回からはふつうのテンションで何気なく淡々と遊びにきてもらえるとうれしいです。"ドン・ドン" も、おそらくもう二度と唄わないと思いますんでご安心を。

セットリスト
  1. ギター
  2. 愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜 (Wink)
  3. サイダー
  4. 余裕綽々
  5. ドン・ドン (なかにしえいじ)
  6. マイルドでいこう

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月15日(木)

津田大介「Twitter社会論 Deluxe Edition」発売なう! [お知らせ]

2010年06月24日(木)

10年06月20日(日) ソロライヴ@阿佐ヶ谷 Next Sunday [ソロ活動]

今回もエレキギター、エレキベース、ドラムスのエレキトリオ編成で。ネクストサンデーのサイトに思いっきり「アコースティック ライヴハウス」と銘打たれていることにまるで気づかずにやってしまいましたが、店長のみやこさんにはすこぶる好評だったのでまあいいんじゃないだろうか的なアレで。

というかみやこさんに限らず、だいたいにおいてアコースティック編成よりこっちのほうが評判がいいのよねー。自分としてもエレキ編成のほうがはるかにやってて楽しいし。アコギじゃないとどうしてもやりづらい曲もあるのでそのへんをどうしていくかは今後考えていくとして、前回も言いましたがこれからも基本この編成でやっていこうと思っておる次第です。

今回のカヴァー曲は、せっかくネクストサンデーでやるなら民生さんの曲やりたいねっていう話になって(注:店長のみやこさんが大の民生ファンなので)、ちょっと選曲としてはベタすぎるんだけど、いいアレンジを思いついちゃったのでしかたなく "イージュー★ライダー" をボッサふうアレンジで。見事に対バンのみつばち涙さんに「なんでもかんでもボッサ調にすればいいってもんじゃねーぞ」的なことを言われてしまいましたが、僕もまったく同意見です本当に申し訳ありません。

あとは初のインスト曲にも挑戦。エルカの持ち曲である "檸檬" をフュージョンっぽいアレンジでインスト仕立てに。「あのインストの曲がすっげえよかった!」と絶賛してくれた人がいたのですが、それはつまり「お前は歌うな」という意味に理解しておりますがそれでよろしかったでしょうか。

とにもかくにも、ものすごく楽しくやれたライヴでした。いつも最高の音でやらせてくれる PA のさわださんも、今回はさらに本番直前になって急にお願いした SE を超ベストなタイミングで入れてくれてさすがすぎると思いました本当にありがとうございました。これでもうちょっとお客さんが来てくれたらもっとよかったんだけどなあ。

録音するのを完全に忘れてたのが悔やまれるところです。

セットリスト
  1. マイルドでいこう
  2. sleepers
  3. ゆれながら
  4. イージュー★ライダー (奥田民生)
  5. 上を向いて歩こう (坂本九)
  6. 檸檬 -Intsrumental-
  7. ギター

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年05月14日(金)

10年05月01日(土) ソロライヴ@下北沢 mona records [ソロ活動]

いつもアコースティックトリオ編成でお送りしているモナでのお昼ライブですが、今回はなんとなく思い立って「いわゆるスリーピース・ロックバンド編成」でやってみました。じょうくんにはパーカッションじゃなくドラムを叩いてもらい、僕は全編エレキギターで。ちなみにベースには今回のっちくんではなく唐木元氏(コミックナタリー編集長)にヘルプで入ってもらいましたよ。RAM RIDER のお抱えベーシストとしてもおなじみの唐木さん、さすがのナイス演奏でしたのことよ。

そもそもひとり弾き語りの延長として始めたトリオ編成だったから自然な流れとして何も考えずにアコースティック編成でやってたんだけど、よくよく考えてみたらアコギ苦手だし、アコースティックなパーカッション(カホーンとか)よりドラムスのほうが好きなのに、わざわざバンド編成を避ける理由ないなあとふと気がついて。

で実際やってみたら今までよりもあきらかにやりやすかった。演奏自体も格段によかったんじゃないかしら。ただでさえ「歌」という苦手分野をやってるんだから、それ以外は慣れてる形でやったほうがそりゃラクだよなあと目から鱗が落ちる思いでした。まさに灯台もと暗しというか近くて見えぬは睫毛というか馬の耳に念仏というか。最後のはぜんぜん関係ない。

というわけで今後トリオのときはこの編成がメインになる気がしています。これであとナイスなキーボード弾きが入ってくれたらもっといいんだけどなあ。どっかにいい人いないかなあ。

セットリスト
  1. 坂本
  2. ゆれながら
  3. sleepers
  4. 残酷な天使のテーゼ (高橋洋子)
  5. 上を向いて歩こう (坂本九)
  6. マイルドでいこう
  7. ギター

この記事の URL | ソロ活動 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年04月10日(土)

電気を大切にね! [ギター]

画像(150x110)・拡大画像(640x470)

Maxon PS2

ここんとこずっとエフェクター周りが原因と思われるノイズがひどかったので、いいかげん電源を新しくしてみました。Maxon の PS2 っていうディストリビュータと電源のセット(PS2 といってもプレイステーション2ではないので要注意だ)。これのおかげですっきりとノイズが消えました! やっぱ電源ってだいじ!

これまではなんかてきとうに家にあった BOSS の AC アダプター(9V / 150mA くらい)をてきとうにパワーディストリビュータでタコ足配線してたわけですが、どうやら電流が足りてなかったみたいで。どうも文系育ちなもので電流とか電圧とか言われてもようわからんのよねえ。だから気にしてなかったんだけど、先日ペンギンハウスの PA さんにいよいよ怒られまして。

PS2 は全体で 2000mA までの電流を供給できるとあって、もうなんつうか貫禄の余裕っぷり。実際にどのエフェクターが何 mA 消費するのかとかあんまちゃんと把握してないんだけど、多めに見積もってもたぶん200も行かない感じだと思われるので(わりと根拠なし)、たぶん今後は当分だいじょうぶであろうと思われます。そうそう電気いっぱい食うエフェクター使うとも思えないし。

この記事の URL | ギター このエントリーを含むはてなブックマーク

コンパクト・エフェクター大好き! [ギター]

画像(150x110)・拡大画像(640x470)

最近の定番セット

というわけで、とくに意味もなく最近の僕の足元について書いてみようかなと。

右の写真がいまの定番セットです。ギター側から順に、コンプ、ワウ、オーヴァー・ドライヴ、ディストーション、フェイザー、トレモロ、ディレイの7台。PS2 に接続できる最大数が7台、っていうのに合わせたかのように。長年の取捨選択によって自然にこのセットに落ち着いたので、意識的に7つにしようとしたわけでは全然ないんだけど。

MXR dyna comp

このコンプはあんまりちゃんとコンプレッサーとしては使ってなくて、完全に“エフェクターとして”使ってます。パキパキした音に変える用途。けっこうノイズ乗るんだけど、それでもすごくいい音なので外せないです。ほぼずっと ON にしてて、曲間だけノイズがうるさいから切る感じで使ってます。

Jim Dunlop cry baby (GCB-95)

これは RAM RIDER 氏にもらった(借りた?)やつ。以前はずっと VOX のワウを使ってたんだけど、なにしろ重いので持ち運びがたいへんでセットから外すことが増えてきて。そんな折、SPEED のレコーディングのときにワウギターを入れたい、ということになってその場で借りて使って、終了後「使うなら持ってっていいよー」と言われたので遠慮なく持って帰ってきました。VOX よりは軽いのでわりと最近ずっと一軍。でも音的にはやっぱり VOX のが好き。

Marshall BLUES BREAKER

これはたぶん僕が生まれて初めて買ったエフェクターなんじゃないだろうか。高校生くらいのときに買ったマーシャルのオーヴァー・ドライヴです。ガヴァナーほど歪まないんだけど、なんというか“枯れた歪み”が出せる名機。僕のスタイルにすごくマッチした歪みなのでもうずっとメインで使ってます。とっくに生産中止らしいので、もし壊れたら僕はどうしたらいいのだろう。というくらいお気に入りの1台。

Proco RAT 2

主にリード弾くときにブーストする用。お行儀のよさと暴走キャラとの湯加減がちょうどいいディストーションなのですが、こいつに関してはまだ模索の余地があるかなと。不動の4番バッターという感じではないです。ほかにもっといい打者がいたらファーム行きもじゅうぶんありえる。といいつつ最近歪み系を新しく探したりしてないので、すでに2〜3年くらいこの RAT を使い続けているという。ちなみに兄からの借り物です。

BOSS PH-2

俺サウンドには欠かせないエフェクターであるところのフェイザーです。これもずいぶん長いこと使ってるなあ。エフェクター初心者は「まず歪みとコーラスとディレイを買いなさい」と指導されることが多いのですが、実は僕はコーラスを買ったことが一度もない。そのくせかなり初期の段階でもうフェイザーを持ってました。なんかしらんけど「俺が出したい音にフェイザーは絶対に欠かせない」という根拠ない確信が初心者時代からあったのですね。今思うと当時の俺ナイス判断としか言いようがない。んで実は BOSS 以外のフェイザーって使ったことないんだけど、あまりにも BOSS がイメージどおりの音なので、ほかを試すまでもなくこれを使い続けてます。

Electro Harmonix Stereo Pulser

こいつはかなり新入り。トレモロも僕のサウンドには欠かせない重要な機器ですねー。わりと長いこと BOSS のトレモロを使ってて、さほど不満もなかったんだけどもうちょっとヴィンテージっぽいトレモロサウンドがほしいなあと思って買いました。かなり理想に近いサウンド。これであとタップテンポができたら言うことないんだけど、できなくても全然満足。

BOSS DD-5

最後はディレイ。これもまだ繋ぎで使ってる感じだなー(と言いつつたぶんそろそろ10年選手。そんなんばっか)。そもそも僕はそこまでディレイって多用しないし、この DD-5 がふつうにそつなく使えるのでどうしても後回しになりがちなのだが、ほんとはもっとアナログな音のディレイがほしい。そのうち買う。

てな感じ。だから何? っていう話ですがまあそれはそれ。

この記事の URL | ギター このエントリーを含むはてなブックマーク

次のページ

Next Live

  • 2010年8月15日 (日)
    ナカニシキュウ下北沢 mona records
    w) しゃしくえ / Forest Sons Trio / pipoo
    18:00 / 18:30
    前売 ¥2,000
    当日 ¥2,300
  • 2010年8月28日 (土)
    ナカニシキュウ下北沢 Artist
    w) うらまぶた / masaenomad / 工藤昌幸
    19:00 / 19:30
    ¥2,000 (1ドリンクつき)
  • 2010年9月11日 (土)
    エルカセット下北沢 mona records
    w) mississippi duck festival / sandman / fabrica
    18:00 / 18:30
    前売 ¥2,000
    当日 ¥2,300
  • 2010年9月23日 (祝)
    音璃下北沢 mona records
    w) musicaBUG / lily ru
    12:00 / 12:30
    Lunch Set ¥2,200
    Drink Set ¥2,000
  • 2010年10月17日 (日)
    ナカニシキュウ阿佐ヶ谷 Next Sunday
    ※詳細未定

Calendar

<< 2016.9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Categories

Recent Entries

Search

Notes

Powered by a-blog v1.83